teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パンダ館 更新情報(投稿不可)(3)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


2012GW旅行~4月29日成都基地編①~

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 7月 3日(火)23時53分36秒
返信・引用 編集済
   前回UPした北京編の写真を画像掲示板にUPしました。もし良かったら、小白兎の写真と下記スタジオアリスさんがUPされているYoutubeのCM動画を比較してみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=ad2VlRlVq4U
たぶんこの子だと思いますが、いかがでしょうか?(本当の小小は1歳のメスですが...)。
続きまして、旅行2日目の4月29日朝の成都基地の様子を紹介します。良かったらおつきあい下さい。

-----------------------
 とにかくこの時期の成都基地は早朝を逃すともったいないので、いつも早く行くように
心がけています。この日(29日)は、なんとか7時過ぎに成都基地に到着しました。
どうやら一番乗りですが、チケットを販売するスタッフもまだいません...。

しょうがないので、定番の正面入口や道路中央に立つモニュメントの写真を撮りながら
待っていました。入場券の販売開始時間は若干バラツキがありますが、この日は
7時半ちょうどからチケットを販売してくれました。料金は昨年と同じ58元です。

※成都基地をご存じない方は、公式HPの地図を見ながら読んで頂けるとわかりやすいと
 思います。以後下記地図に書いてある丸番号で位置を紹介することにします。
 http://www.panda.org.cn/china/visit/3-2.htm

昨年とは大きく変わったところが2つあり、1つは観光車の運行経路です。今までは
①の正門と⑩の大熊猫産房(太陽産房)を往復していた(①⇔⑮⇔⑦⇔⑩)のですが、
今年は更に新エリアまで行ってくれるようになりました。
(①⇔⑮⇔⑦⇔⑩⇔⑳⇔⑲:実際は⑳と⑱の間の★のあたり⇔⑱)。
ほとんどの人は何も言わないので、今まで通り⑩の太陽産房で降ろされてしまいますが、
紙で行き先を(中国語で)書いておくなどして運転手の方に説明すると、⑱までの
行きたいところまで連れて行ってくれます。

料金は変わらず10元で、1枚で2回乗れることになってます。①の近くで券を売ってます。
券を買って、繁忙時はカートが帰ってくるのを並んで待ちましょう。
(あまり現地の方は並んでくれませんが...)特に往きは上り坂が続くので体力的にも
楽ですが、何より行きたいところに早く着くのが嬉しいです。

と、ここまで書きましたが、観光車の運行開始時間は8時からなので、7時半に入ると
もちろん観光車はいません。30分待つのはもったいないので、歩いて獣舎へ向かいます。
目指すは一番近い⑥の14号獣舎です。

14号獣舎で待っていたのは、目の周りが白くて懐かしい隆浜です!!すぐ近くに
隆浜と書かれた看板がありました。昨年から変わった2つ目はこの看板です。
中国語、英語、日本語で、パンダの名前、譜系号(パンダ固有番号)、誕生日、性別、
写真と簡単な説明文がありました。一部別のパンダに掲示しているところはありましたが、
今までパンダの名前を聞き回っていたので画期的なサービスです\(^^)/。

ちなみに14号獣舎は、アドベンのパンダランド全体よりも広い屋外運動場と、狭めの
屋内運動場がセットとなって2エリア(手前と奥)あり、気温や天候に関係なくいつでも
パンダが見られる成都基地では数少ないエリアです。最初隆浜は屋外にいましたが、
すぐに屋内に入って見やすいところでタケノコを食べ始めました。

今までならば、手前の屋外運動場側から奥の屋外運動場が遠くても見ることが
できたのですが、今年は草木の成長が著しくて奥の運動場が見えません。
奥のエリアは屋内運動場の辺りから屋外を見ることはできません。高さ約3mの
塀があるためです。しょうがないので三脚を極限まで伸ばして屋外をのぞくと
うつぶせで座っている久しぶりの姿がそこにはありました。

”コウ~”、”コウヒ~ン”と声をかけてみると、驚いたようにカメラの方を向いてくれました。
http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=201205/09/16/f0079716_20504054.jpg
そうなんです。隆浜の奥にいたのは幸浜でした。しばらくすると屋内のガラス面近くに
いる我々のところにわざわざ遊びに来てくれました(^^)。下記拙ブログの前半部分の
シーンです。
http://giantpanda.blog.so-net.ne.jp/2012-06-19

もっといたかったのですが、成都基地には沢山のエリアがあるので、再会を楽しんだ
あとは更に上を目指しました。次は⑪の幼年エリアです。この辺りはまだ少し早かった
のかパンダは出ていませんでした。後にわかるのですが、⑪~⑬の幼年、亜成年、
成年エリアでは屋内の檻の中で夜を過ごすため、8時半~9時ごろまでパンダは
出てきません。とりあえず幼年エリアでは、鍵がかかっている入口のすき間から
わずかに見える仔パンダたちを少しだけ見ていましたが、暗くて判別も難しいので
成年エリアに一度下りました。

成年エリアは3つの区画があるのですが、いちばんお客さんが見やすい手前には
雄浜の看板がありました!!雄浜ファンとしてはテンションMAXです(^^)。
まだ8時20分頃だったので。成年エリアもパンダが出ていませんでしたが、
入口から屋内の檻をのぞいてみると、そこには目のきれいな鼻の長いパンダが!!
初日入場してからまだ1時間足らずでしたが、早くも白浜四兄弟のうち3頭に
会うことができた瞬間です。
-----------------------

2日目はまだまだ続きますが、長くなりそうなので一度ここで切ります。
次回もお楽しみに~
 
 

2012GW旅行~4月28日北京編~

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 7月 3日(火)00時17分57秒
返信・引用 編集済
   皆さま、今年は上野&アドベンでの出産の成否が気になるところですね。
上野の様子は連日ワイドショー番組やニュース等で知らせてくれていますので、
私の方では6月30日の良浜の様子を拙ブログにUPしました。
また良かったらお時間のあるときにでも見て頂ければ嬉しいです。
 http://giantpanda.blog.so-net.ne.jp/
 http://giantpanda.exblog.jp/

 ところで今回は、すっかり時間が経ってしまった今年のGW旅行のレポを
時系列に焼き直して紹介したいと思います。まずは初日の4月28日編です。
この日はなかなかパンダに辿り着きませんが、忘備録も兼ねてますので
しばらくはご容赦下さい。フリーのドタバタ感を楽しんで頂ければ幸いです。

-----------------------
成田から成都へは昨年より直行便が就航しはじめましたが、関空からの
直行便はありません(※経由地で一度着陸する直行扱い便はあります)。
そこで、我々はフライト距離4000マイルの範囲内で毎年経由地を変えて
特典航空券をゲットし、経由地のパンダを楽しむようにしています。

今年の往きは北京経由です。この日の目的地は、ご承知の通り飼育下での
パンダ繁殖史の元祖であり、永明の生まれ故郷の北京動物園です。

北京着が12時で北京発が17時なので、本当はもう少し北京発の便を遅い時間に
したかったのですが、結局遅い便の特典枠に空きが出ませんでした。
しかも、よりにもよって関空から北京への朝一番の便に遅延が出て
しまいました(>_<)。北京空港での入国手続きが思ったよりも早かったものの、
北京空港を出られる状態になったのは、すでに13時半を回っていました。

いくら何でも1時間前の16時には空港敷地内に戻らないと乗り遅れる危険が
あるので、残りはわずか2時間半。北京空港~北京動物園間は電車で約60分
なので、北京動物園での滞在は30分未満ということがこの時点でわかりました。

それでも北京動物園に向かうことを決めた(パンダしか考えていない)我々夫婦は、
少しでも滞在時間が延びることを期待してリッチにタクシーを選択しました。
ところが、これも空振り...。昼過ぎの北京市街地の高速渋滞は噂に違わず
強烈で、車が完全に停止することもしばしば...。結局北京動物園に着いたのは
ちょうど1時間後の14時半ごろでした。

北京動物園には一昨年に約2時間だけでも滞在したことがありましたので、
ある程度どこにチケット売り場があってどこにパンダが居るかは把握して
いましたが、今回は一昨年を更に上回る滞在時間約20分ということになりました。
もうゆっくり見ているヒマはありません。嫁さんと20分後に亜運熊猫館の入口で
集合することにして、手分けして見ることにしました。

ようやくパンダの紹介です。この日、北京動物園には手前の亜運熊猫館に3頭、
そして奥の奥運熊猫館に2頭の合計5頭のパンダが展示されていました。

奥運熊猫館にいたのは、海浜陽浜と同級生で、いずれも雌パンダの下記2頭です。
・大白兎(DaBaiTu)  :母は瑛華、2010年07月02日生まれ(昨日誕生日ですね)
・小白兎(XiaoBaiTu):母は吉妮、2010年08月13日生まれ
(余談ですが、この小白兎が昨年のスタジオアリス七五三CMモデルでは?と思ってます)
久々の北京動物園所有となったこの2頭は、すっかり北京動物園のアイドルとして
人気を集めていました。

そして、亜運熊猫館にいたのは下記の3頭です。
・楽楽(Le Le):1986年9月生まれのメス。記録的な12頭の子を産みましたが、
       現在生存している子はメンフィスの雅雅ただ1頭です。
・大地(Da Di):1992年9月生まれのオス。娘の公主が生まれた時の5歳11ヶ月は
       未だに飼育下での最年少父親記録です。確定しているだけで
       17頭(うち11頭は現在も生存)の子供がいます。
・古古(Gu Gu):1999年9月生まれのオス。血統交換で北京に来てから
       早いものでもう7年半を超えました。今回の訪問約半月後に
       不幸にも侵入者を噛んでしまう残念な事故が起こりました。
       いくら成年パンダでもビックリしますよね。古古可哀想に...。

楽楽は今年26歳。永明の父"良良"や上野の"童童"と同級生です。楽楽は
良良の幼なじみですが、血縁上は良良が叔父で楽楽が姪にあたります。
童童や良良が相次いで2000年に14歳で亡くなったことを考えると、楽楽が
いかに長生きしているかがわかりますね。今年も健在ぶりをアピールしてました。

そして、現時点で北京動物園所属の吉妮、瑛華、萌萌の3頭は、姿が
見えませんでした。萌萌はこの後、成都基地で再会することになるのですが、
吉妮や瑛華も碧峰峡側で繁殖活動のために出張中だったのかもしれません。

5頭の元気そうな姿を見ることができて、短時間ですが非常に堪能出来ました。
ただ、雌パンダたちがみんな繁殖のために出張するのならば、何のために
大地と古古は北京にいるんだろうな~と個人的には思いました。

ちなみに帰りは、時間が読めないと恐いので、地下鉄&機場快軌で空港に
戻りました。空港の諸手続を終えて搭乗口に着いたのは搭乗10分前!!
お手洗いだけを済ませて何とか成都行きの飛行機に乗り込むことができました。

結局飛行機に乗ってから1時間ほど待たされたのですが...。
中国ならではのご愛敬でした。(28日編終わり)
-----------------------

私の旅行を知っている人たちは、いつも通りの強行軍だな~と呆れているかもしれません。もし差し支えなければ、感想など頂けると嬉しいです。

この後、2日目(29日)以降の成都基地や5月4日に行った碧峰峡、
そして5月5日、6日の杭州動物園の様子を、拙ブログでは伝えづらい
時系列の文章でお伝え出来ればと思っています。
 

ボク、"ユウユウ"じゃなくて...

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 6月23日(土)12時41分27秒
返信・引用
  成都基地より久々にニュース映像が3局ありました。

ANN:“子作り”に備えて…雄パンダのエクササイズ
 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220622022.html
FNN:中国・四川省の研究施設で繁殖期に向けたパンダのトレーニング
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00225965.html
JNN:パンダが繁殖期に向けたトレーニング
 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5062193.html

身も蓋もない言い方をすれば、内容は毎日やっている通称”パンダ釣り”を
足腰を鍛えるトレーニングとして紹介しているごく普通のニュースです。

ただ、出てくるパンダが我々にお馴染みの子です。
ANNでは「ユウユウ」と紹介されていましたが、漢字で書くと"勇勇"
つまり、パンダフルライフで有名になったおとぼけカルテットの
"ヨンヨン"の成長した姿なんです。

勇勇は2004年8月26日生まれですので、早いものでもう今年8歳になります。
既に何度か自然交配も成功し、飼育下では数少ない自然交配ができる
パンダへと成長しました。白浜ファミリーとも血縁が全くないので
白浜へお婿さんとして欲しいぐらいですが、成都基地にとっても貴重な血統です。

もし良かったら勇勇のパンダ釣り、ニュースで見てあげて下さい。
 

2012成都基地

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 4月30日(月)08時13分56秒
返信・引用
  昨日4月29日から今年も成都基地に来ています。
拙ブログの更新も中途半端で止まってしまっていてすみません。

白浜四兄弟は、秋浜には逢うことが出来ませんでしたが、
雄浜は成年エリアに、幸浜と隆浜は14号獣舎にいました。
相変わらず人なつっこい幸浜と、マイペースな隆浜が対照的です。

アトランタ帰りの美蘭は2号獣舎のいつもいたエリアの一つ隣に
移動していました。相変わらずのふさふさの頬毛で魅了しています。

圧巻だったのは幼年エリアです。[女亜][女亜](YAYA)と
2010年生まれの7頭全員が同じ場所にいます。
8頭が1カ所に集まってタケノコを食べる姿は壮観で、
母子というより同居人みたいな状況でした。

2011年生まれの子パンダたちは、太陽産房、月亮産房、
そして新エリアの2号獣舎に分かれて母子とともに暮らしています。
今年の成都基地は、いつも以上に見所満載で目移りします。

何故かブログに入ることが出来ず、こちらの画像掲示板にも
一枚UPしたところで連続投稿で引っかかってしまいましたので
また帰ってきてから両方トライしてみます。こうご期待。

何か見てほしいところや、質問等あれば仰って下さい。
それでは、今日も今から行ってきます。
 

八木山のゾウ

 投稿者:yuki  投稿日:2012年 4月22日(日)18時19分36秒
返信・引用
  先月訪問したのですが、アジアゾウ、一頭だけで、なんだか儚げでしたね‥‥。  

Re: 八木山動物園

 投稿者:MONZOU(管理人)  投稿日:2012年 4月21日(土)01時02分0秒
返信・引用
  > No.3645[元記事へ]

KYOKOさんへのお返事です。

KYOKOさん、情報提供感謝します。
仙台のパンダ受け入れ話し、まだ進行中だったのですね。全国ニュースではなかなか扱われないのか、大阪に居てはどうなっているのかわからず、気にはしていたのですが。本当に仙台市民は多額の税金を投入してまでも、いまパンダを必要としているのでしょうかねえ。費用面、飼育や繁殖の難しさ、対中感情などを考えると大いに疑問です。子供達に夢と希望を与える復興のシンボルに、という副市長の発言、軽すぎやしませんか?ジャニーズ事務所の寄付の件ともいい、なんか変です。
 

八木山動物園

 投稿者:KYOKO  投稿日:2012年 4月21日(土)00時02分5秒
返信・引用
  先日 NHK BS1の「ニイハオ!パンダパパ」の中で、張志和さんが仙台の八木山動物園を訪れた際、
高齢のゾウが震災のショックで外に出なくなってしまったというお話しがありました。
このゾウのトシコさん(57歳)は、震災の前の年に仲良く暮らしていた年下の相棒(ヨシコさん)に先立たれ、外に出たがらなくなり、
震災のショックで全く出なくなってしまったそうです。
その状況があまりにも王子動物園の諏訪子さんにそっくりで…。

諏訪子さんも震災の前の年に長年連れ添った伴侶に先立たれ、こもりがちになり、
独りぼっちで恐ろしい震災を体験し、余震の度に怯え…そして全く外に出なくなってしまいました。
その後若いペアが来て赤ちゃんが産まれ、みんなに愛されるのを見届けるかのように、オウジが産まれた翌年2008年の4月10日65歳で亡くなりました。
yukiさんが仰っていたように、オウジが亡くなったのと同じ季節です。

ゾウは特に社会性が強く、記憶力も良く、死を悼む動物と言われています。
それも含め、たまりません。

…そしてそこへパンダがやって来るという話……

反対ではありません。
ただ、受け入れに反対する人たちがデモ行進までするという状況の中で、強引にパンダを受け入れて欲しくはありません。
何かおかしくありませんか?

なんかもういろいろ…とにかく…なんかたまりません……

読売新聞
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20120419-OYT8T01252.htm

河北新報社
 http://www.kahoku.co.jp/news/2012/04/20120420t11014.htm
 

オウジくんお別れ会報道

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 4月15日(日)01時19分35秒
返信・引用 編集済
  パンダの話題でなくてすみません。
先ほど画像掲示板の方にも写真をUPしましたが、今日(既に昨日ですが)の
オウジくんお別れ会に行って参りました。

お別れ会の様子は多くのメディアが現地に来られていて、
関西ローカルニュースで3局放送されましたので、
ネットで探してみたら、サンテレビ以外のニュース動画
がありましたので、URL紹介します。

KTV(関西テレビ:フジ系)
 http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html#0399357
YTV(読売テレビ:日テレ系)
 http://www.ytv.co.jp/press/kansai/D0730.html

関西ローカルニュースは、特に消えるのが早いので
興味のある方はお早めにご覧下さい。

また、拙ブログにもレポと写真をUPしましたので、良かったら見て下さい。
http://giantpanda.exblog.jp/
http://giantpanda.blog.so-net.ne.jp/
 

天国のオウジくん

 投稿者:リンリン  投稿日:2012年 4月 9日(月)16時50分19秒
返信・引用
  KYOKOさん、yukiさんに同感です。天国でコウコウたちにやさしく迎えてもらったことでしょう。  

残念です

 投稿者:yuki  投稿日:2012年 4月 8日(日)17時23分0秒
返信・引用
  オウジくん、3年半の療養生活、よくがんばったね、、、
王子動物園のアジアゾウ、当時国内最高齢の諏訪子さんが亡くなったのも、この季節だったような。
天国で諏訪子さんやお姉ちゃんのモモちゃんにかわいがってもらえればと思いますね・・・。

アジアゾウの国内生まれは市原のゆめ花ちゃん(オウジくんと同い年)と豊橋のマーラちゃん(昨年生まれで母親が上野から出張中のアーシャーさん)がいますが、この2頭には元気に成長してほしいです。
どちらかがオウジくんのお嫁さんになったらいいな、とも思ってました。
 

パンダではありませんが…

 投稿者:KYOKO  投稿日:2012年 4月 7日(土)23時20分41秒
返信・引用
  訃報です。
リハビリを頑張っていた王子動物園の仔ゾウ、オウジくんが7日朝亡くなったそうです…
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

4歳5ヶ月でした。
オウジくん、よく頑張ったね。
天国でいっぱい走り回って下さい。
飼育員の皆様、本当にお疲れ様でした。

神戸新聞
 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004952902.shtml
毎日新聞
 http://mainichi.jp/select/news/20120408k0000m040059000c.html
 

やったあ\(^^)/

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 4月 4日(水)01時21分44秒
返信・引用 編集済
  >KYOKOさん
朗報を紹介頂きましてありがとうございますm(_ _)m。

実は、早めの桜&パンダを撮りに3月31日はアドベンにいました。
当日はXデーは近そうだな~と漠然と思ってましたが、素人にわかる
はずもなく、静かに見守ってこの日を待ってました。いい話題は
何度あっても嬉しいものですね。

ちなみに当日は、午前中暴風でしたが、永明は一日中屋外奥にいて
アピールを続けていました。一方の良浜は非公開でしたが、
バックヤードツアーで隣の檻だったので逢うことができました。
良浜は比較的これといった動きもなくおとなしかったです。

頑張って拙ブログに当日日中の永明&良浜の様子を写真と一部動画で
UPしましたので、もし良ければご覧下さい。

http://giantpanda.exblog.jp/

http://giantpanda.blog.so-net.ne.jp/

 

上野に続いてアドベンでも…♪

 投稿者:KYOKO  投稿日:2012年 4月 3日(火)18時42分45秒
返信・引用
  酷い嵐の今日3日ですが、皆様お住まいの地域では大丈夫でしょうか?
和歌山方面も暴風雨が凄かったようですが、嬉しいニュースがありました。
ラウちゃん(11歳)と永明さん(19歳)が自然交配したそうです!
「3月31日から3日間同じ部屋に入れ、計4回の自然交配を確認した。」とあります。

時事通信
 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012040300655


昨日桜の開花宣言をした王子では…観覧通路の整地、新たな監視カメラの設置など、準備は進んでいる様ですがまだ具体的なニュースは聞こえて来ません。


パンダ番組を見つけました。
4/10(火) NHK BS1 午後2:00~2:30 「TOMORROW beyond 3.11」
「ニイハオ!パンダパパ」~中国・ 四川から仙台へ~
で、「パンダ繁殖研究家 張 志和氏が仙台の動物園の飼育員と交流」とあります。
 http://www.nhk.or.jp/ashita/tomorrow/
 

自然交配は2回!?

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 3月27日(火)20時55分3秒
返信・引用 編集済
  下記ANNニュースによると、力力と真真は一昨日と昨日の計2回交尾行動が確認されたそうです。でかした力力!!良かったね真真(^^)。
  http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220327044.html

ニュース動画内に、交尾シーンそのものの写真も含めて東京動物園協会からの新たな写真が3枚提供されていますので、力力の勇姿をご覧になりたい方は、消える前に早めにご覧下さい。

明日28日からは平常通りの公開に戻るようですね。春休みで賑わっていると思いますが、特に真真にはゆっくりと休んでもらいたいなと思います。

※FNNニュース追加
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00220066.html
※写真のみ見る場合は、こちらのORICON lifeに3枚ともありました。
 http://life.oricon.co.jp/news/photo/2009231/1/
 

日曜日

 投稿者:yuki  投稿日:2012年 3月27日(火)05時45分7秒
返信・引用
  上野を夕方訪問したら、屋内展示場への入り口にブルーシートで覆われて立ち入れない状態になっていたので、もしかしたら・・・と思っていましたが♪  

ガンバレ!!力力&真真

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 3月26日(月)21時58分38秒
返信・引用
  昨日の力力&真真の展示中断のニュースを見てから、各方面の記事を楽しみに見ていますが、下記の東京ズーネットによると、ついに”交尾行動”が見られたそうですね。

東京ズーネット(記事&大きめの写真)
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=&link_num=20747

各局動画ニュース記事です。上記と同じ写真1枚使ってうまくニュースに仕上げるものですね。
NHK:
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120326/k10013973191000.html
ANN:
 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220326039.html
JNN:
 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4987420.html
FNN:
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00219974.html

初期の上野時代はリアルタイムでは見ていませんが、確か上野の飛飛と
王子の興興は人工授精だったはずなので、自然交配成功ならば
日本では康康(カンカン)、永明に続く3頭目の自然交配した雄パンダ
と言うことになるでしょうか\(^^)/。

明日も公開中止のようですが、是非とも頑張って欲しいものです。
 

岩合先生の写真展

 投稿者:yuki  投稿日:2012年 3月18日(日)20時15分14秒
返信・引用
  今日、観賞しに行ってきました。
岩合先生の写真は、いつみても被写体の表情がいいです♪
会期が短く残念ですが、本を買うと、展示されている写真の雰囲気を味わえますね。

トークの時間は所用があり参加出来ずでしたが、写真だけでも楽しめました。
あれだけ大伸ばしにしても、パンダの毛の様子もブレずに写真になる、さすがです・・・

明後日は東北にペン活に行ってきます。(なのでトークはまたも参加出来ず)
パンダに興味のある人がいれば、仙台八木山(←パンダ招致検討園)にしようかと思いましたが、
同行者に該当者がいないので、やめました。
パンダ好きな人がいれば、実際に八木山を見てもらって考えてもらう機会かと思いましたが、、、
 

春ですね~♪

 投稿者:KYOKO  投稿日:2012年 3月15日(木)00時57分2秒
返信・引用
  MONZOU(管理人)さま お久しぶりです、お元気でしたか?
写真展「ぱんだ」、いずれ関西にも来て欲しいですね!!

先日まで梅田大丸でやっていた写真展「どうぶつ家族」は見に行きました。
素晴らしい作品ばかりでした。
開催までに自分で撮った動物の写真を送り「岩合さんのお気に入り」に選んでもらった5作品にはプレゼントが貰えるという企画があったようで、入口に100枚以上の写真が貼ってあり、お気に入りにはピンクのリボンが付いていました。
タイトルも個人名も無記名でしたがリボンが付いた写真のうち2枚がパンダでした。
1枚はアドベンの双子の赤ちゃんパンダが寄り添って座る背中(個体識別は出来ませんでした)、
もう1枚はうつ伏せに寝ている赤ちゃんパンダ(アドベンかな?中国かな?)の写真でした。
パンダの写真で岩合さんの目に留まるなんて嬉しかったでしょうね。


3月の初めに、アドベンに行って来ました。
上野でもお見合い秒読み態勢に入っている様ですが、アドベンでも永明さんがそろそろ発情を迎えており、ラウちゃんがちょっと気にし始めている頃だそうです。

愛浜・明浜は、大人の真似をして匂い付けなどはするものの、まだ発情には至っていないとの事でした。
アドベンのパンダさんは集団生活をしているせいで「もっと美味しい竹をちょ~だい!」など自己主張しなきゃいけないのでよく鳴くそうです。
たしかに王子の旦旦とは全然違います。

なので、愛ちゃんがメーメー鳴きをして暴れたり水浴びをしていたからといって、発情?と思ってはいけないのです。
以前スタッフの方に伺った時、
「あれは『竹が美味しくない!』と訴えて鳴いているんです。
 暴れて体が熱くなったから水浴びしているだけでしょう。」
と言われた事があります(笑)

最後に…3/15のNHK「あさイチ」8:15~9:55 でアドベンが映るようです。
[パンダがいっぱい!南紀白浜]というタイトルで、勝村政信さんがレポートされたようです。
 

岩合さんの写真展&写真集

 投稿者:MONZOU(管理人)  投稿日:2012年 3月 8日(木)01時04分44秒
返信・引用 編集済
  大変ご無沙汰しています。皆様いかがお過ごしでしょうか。

岩合光昭さんのパンダ写真展が松坂屋上野店で14日から20日まで開催されます。
上野の二頭の撮り下ろし作品のほか、中国やアドベンの仲間たちの作品もあるとか。
ギャラリートーク&サイン会もあるそうですよ。関東方面の方はぜひいらしてみてください。
http://www.matsuzakaya.co.jp/ueno/promo/fair_event/s120228_05/#page=1

ちなみに岩合さんのパンダ写真集「ぱんだ」が今月9日に発売されます。
アドベンファミリーの写真もあるとのこと、誰が写っているのでしょう??
詳細は http://www.digitaliwago.com/news/index.html
お求めは http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4904845196/pandakan-22/

3/9追記
昨日まで「お取り扱いできません」でしたが、本日現在Amazon在庫あります。
3/12追記
我が家も買い求め、昨日届きました。在庫8点です。
 

圓子&歓歓移動中

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 1月15日(日)19時03分57秒
返信・引用 編集済
  本日、フランスパンダの圓子と歓歓が成都双流空港から旅立ちました。
中国語ですが、CCTVネットニュースが流れています。

検疫所から出発する様子:
 http://taihai.cntv.cn/20120115/112148.shtml
成都空港の様子①~乗り込みまで:
 http://news.cntv.cn/program/C20695/20120115/107156.shtml
成都空港の様子②~飛行機の離陸まで:
 http://news.cntv.cn/app/20120115/111832.shtml
※一部冒頭にCM動画が流れるものがあります。

もうすぐ日本時間で20時頃にシャルル・ド・ゴール空港に到着予定です。
FedExの特設Blogに簡単なタイムスケジュールがありました。
 http://blog.fedex.designcdt.com/panda-express-france

※1/16追加:シャルル・ド・ゴール空港に到着した2頭の様子
 http://www.thenewsmarket.com/Assets/AssetDetailsPage.aspx?GUID=fff08ced-ec4a-4b1d-b307-ef243e12b982
日本のFNNでも報道されました。
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00215366.html
興味のある方は参考にしてください。

>KYOKOさん
五一の情報ありがとうございます。
実際にパンダがいる兵庫県と和歌山県で上映館が0なのに驚きました。
東北にはようやく仙台に上演間が追加されましたが、現時点で
中国、四国地方や沖縄にはないんですね。確かにもう少し分散していても
いいような気がしますね。たまに追加されているようなので、
上演館が遠い方はちょくちょく下記URLをチェックしてみては?
http://panda51.jp/theater/

http://giantpanda.blog.so-net.ne.jp/

 

梅梅の孫たち

 投稿者:KYOKO  投稿日:2012年 1月11日(水)20時34分10秒
返信・引用
  とうちゃんさん、情報ありがとうございます。
圓子と歓歓は一緒に過ごした仲良しさんらしいので、きっと良いカップルになるでしょう。
琳琳というオスパンダさんは臥龍でも成都でも繁殖に成功しているのですね。
同じ名前を見つけても、よくある同名異個体かと思ってしまって見逃してしまいます。


映画『51(ウーイー)世界で一番小さく生まれたパンダ』の公式HPが立ち上がっていますが、
 http://www.panda51.jp/
上映館の少なさにびっくり!
それにずいぶん片寄っていますね。
ご自宅から遠い方(私を含め)、要チェックです。
 

フランス行き日程公開

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 1月10日(火)20時19分50秒
返信・引用 編集済
  圓子と歓歓のフランス行きが、本日正式に成都基地HPに公開されました。
http://www.panda.org.cn/china/news/news_view.asp?newsid=754

1月14日の土曜日に成都基地にて歓送会を開いた後、
翌15日の午前8時にフランスに向けて旅立つようです。
地図で調べてみると、空港到着後の陸路も約250kmありますので、
かなりの長旅になりそうですね。

併せて、先日KYOKOさんが質問されていたプロフィールも載っています。

雄性:圓子
譜系号:736
年齢:3歳
生年月日:2008年9月6日
体重:81kg
母親:圓圓(譜系号561)
父親:屏屏(譜系号377)

雌性:歓歓
譜系号:723
年齢:3歳
生年月日:2008年8月10日
体重:79kg
母親:奇珍(譜系号490)
父親:琳琳(譜系号455)

簡字体は日本の漢字に置き換えました。
圓子の父は、陝西省の野生出身の屏屏ですので、梅梅の血は入っていません。
歓歓はアドベン梅梅の孫ですが、父が琳琳なので、上野動物園の真真の妹でもあります。

なお、圓子の"圓(円)"ですが、現地では発音が近いのでしょう。"园(園)"や、くにがまえのない"元"等の漢字とよく混同して使用するようです。

母親の圓圓から1字取って圓子のはずなのですが、今回のように、园园(園園)になったり元元になったりしています。成都基地で紹介される圓圓は同一パンダ(譜系号561)ですので注意してください。

余談ですが、碧峰峡には雄パンダで多くの子を持つ园园(園園:譜系号488)がいますが、もちろん同名異パンダで、碧峰峡の园园(園園)は、永明の同父母弟です。

http://giantpanda.blog.so-net.ne.jp/

 

今年もよろしくお願いいたします

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2012年 1月 1日(日)01時23分56秒
返信・引用
  皆さま新年あけましておめでとうございますm(_ _)m。我々は昨年に続き白浜での越年です。余談ですが、今シーズン大晦日や元日に生パンダを見ることが出来るのはアドベンだけなんですね。上野も王子も正月は2日からなのでお気をつけ下さい。

昨年のパンダ界は、20頭以上のパンダが飼育下で誕生しましたが、碧峰峡側は"優生優育"を掲げる一方、成都基地側でも新たに都江堰での野生化プロジェクトを公表させ、繁殖研究の新たなステップが始まりつつあります。

中国国外に目を向けると、2004年以来7年ぶりに中国以外でパンダが生まれませんでしたが、スコットランドのエジンバラ動物園や上野動物園でブリーディングローンが始まりました。相変わらずの拡大路線ですが、今までの2~3歳の幼年パンダではなく、ある程度の成年パンダの長期貸与が今後どのような成果を生むのか期待されます。

今年も早々にフランスボーバル動物園行きが決定し、カナダやシンガポール、そして日本でも王子動物園の旦旦のパートナーが来園予定です。仙台への派遣交渉についても報道されていましたし、これからも多くの方が生パンダを目にする機会が増えていきそうですね。

我々もアドベンをはじめ、今年も多くのパンダたちに逢いに行きたいと思っています。国内3園同年出産といった朗報が聞かれるといいですね。今年も気軽に声を掛けて頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

PS:管理人さん、くたわんさん、先週のレポありがとうございます。とても楽しそうなクリスマスイベントの様子がよくわかりました。
 

今年もよろしくお願いします

 投稿者:MONZOU(管理人)  投稿日:2012年 1月 1日(日)01時14分19秒
返信・引用
  皆様へ
HPをまったく更新することなく2011年が終わってしまいました。一時ほどの勢いはありませんが掲示板は稼働中ですので情報交換やアドベンレポ等にご利用ください。またアドベンでお会いしましたらこれまで同様よろしくお願いします。

くたわんさん
25日の様子をレポートしていただきありがとうございました。「南紀パス」ご利用とは、またよくお調べになりましたね。おっしゃるとおりものすごく割引率の高いきっぷなのですが、ほかの商品と一緒にチラシや吊り広告に出ている程度で認知度はそんなに高くないかも。3日間有効なのでアドベンと紀南方面への観光を組み合わせるのがベストですね。
 

お世話になりました

 投稿者:くたわん  投稿日:2011年12月28日(水)00時36分5秒
返信・引用
  23、25日にはアドベンへ行ってまいりました。
沢山の方とお会いし、お話ができました。おかげさまで、楽しい時間を過ごすことができまして、ありがとうございました。

23日の様子は、とうちゃんさん、MONZOUさんから詳しい&楽しいレポのご報告があったので、私からは25日の様子を。
クリスマスということで、13:30~のウェイクアップタイムには、明浜に氷のクリスマスケーキがプレゼントされました。
明浜がいったん収納された後、スタッフさんにより屋外運動場の芝生の一部に雪が敷かれ、その上に大きな山の形をした氷のケーキが置かれました。ケーキは、オレンジ色の大きなハート3つと、リンゴでデコレーションされていました。これで準備万端!
明浜は、運動場に入ると、入り口からケーキのある場所まで誘導するように撒かれていた人参、リンゴを食べながら、ケーキのところへ。はじめは観客にお尻を向けてしまいましたが、リンゴがちゃんとケーキの裏側にも飾られていたので、やがて明浜はケーキの裏側へ回り込みました。おかげで、満面の笑みで嬉しそうに食べる顔を見ることができました。
リンゴを食べた後は、ちょっとですが、オレンジのハート(人参ピューレを使っているそうです)も舐めてました。
また、15:00~すぎ屋内から屋外の運動場に移動したタイミングに、梅浜、永浜にも、氷のクリスマスケーキがプレゼントされました。こちらも同じようにオレンジのハートやリンゴでデコレーションされたものでした。
梅浜も永浜も、気づかなかったのか、興味がなかったのか、すぐにはケーキに行きませんでしたが、しばらくササを食べた後、ふとケーキに近寄り、ケーキに埋め込まれたリンゴをほじくり出して食べたり、ハートをペロペロ舐めたりしていました。ハート(ケーキ)の左右に2頭が座ってササを食べているのは、可愛いらしかったなぁ。


ところで、今回はJRの「南紀パス」を使いました。
http://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/tokutoku/nanki/

大阪市内、京都市内、神戸市内、和歌山発着の往復特急券指定席と、紀伊田辺~新宮間の周遊券(特急自由席、鈍行乗り放題)と、バスの乗り放題がセットになっているもので、大阪市内からだと6000円と破格でした。大阪~白浜を往復するだけでも元が取れますものね。

この機会に、以前から行ってみたかった、那智の滝へ足を延ばしてみました。
大阪~白浜間でも見えますが、白浜から先、電車の車窓から雄大な太平洋を眺めながら綺麗だねぇいいねぇなんて思っておりましたが、紀伊勝浦から那智の滝行きのバスの車窓からは、ちらほら台風の大被害の爪あとが見え、ハッとしました。川沿いのなぎ倒された木、破壊された家、橋。自分の複雑な思いを文章にうまく表現できませんが、迫力ある滝を眺めながら、行って&行けて良かった…と、実感、感謝しました。
ちなみに、那智の滝周辺の熊野那智大社、那智山青岸渡寺、熊野古道「大門坂」なども、台風一過直後は通行止めだったように記憶していますが、現在は支障なく観光できるようになっています。

「まけるな!!和歌山」
 

誕生会

 投稿者:MONZOU(管理人)  投稿日:2011年12月26日(月)02時03分32秒
返信・引用
  23日と24日、久しぶりに娘と嫁さんも一緒に泊まりがけでアドベンへ行ってきました。

23日はもちろん愛浜と明浜の誕生日。すでに別に生活している二頭なので、とうちゃんさん既報のとおり、屋外の運動場二つを使って誕生会が催されました。5歳にもなるとマスコミは来ないだろうと録画予約の準備を一切してこなかったのですが、主な関西ローカルTV局はひと揃い来ていたようです。そのうち関テレのニュースは宿泊先の大宮さんで見ました(ネット上には出なかったようですね)。明浜はバックヤードからケーキまでの道のりが長かったのですが、事前にまかれていたおやつに導かれ、迷うことなく到着(愛浜はバックヤードから出て目の前にケーキが置かれていました)。素敵な誕生会でしたが、次の誕生会はどうなるのかちょっと心配です。

24日の朝は海浜と陽浜のミルクタイムを見ました。この間娘はぐずることなくじっとその様子を見ており感心感心。二階も開放され、地上で海浜、滑り台の上で陽浜がミルクを飲みました。二頭分けられたため、いつものようにマイペースでゆっくり飲んでいた陽浜でしたが、最後まで海浜にじゃまされることなくミルクが飲めました。

今回のアドベンは娘の接待(笑)がメインなので、誕生会と海浜陽浜のミルクタイム以外はパンダランドに滞在せず、マリンショーやサファリ、ふれあい広場などを満喫しました。寒い二日間でしたが娘はとても楽しそうで良かったです。当日お会いした方々、上記理由でろくにご挨拶もできず失礼しました。またお会いできる機会があればまたよろしくお願いします。
 

愛浜明浜5歳のお誕生日会

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2011年12月24日(土)08時01分29秒
返信・引用
  昨日アドベンに行って参りました。お会いした大勢の常連の方々、どうもありがとうございました。1日中バタバタして、ろくにご挨拶も出来なかった方もおられると思います。大変失礼しました。屋外運動場の手前を明浜、奥を愛浜と2部屋同時に使用し、仕切りを挟んで左右にお馴染み雪のじゅうたんを敷き詰めて、明浜には緑、愛浜にはピンクのきれいなケーキが振る舞われました。

仕切り越しの別の部屋とはいえ、まるでついこの間まで一緒に暮らしていたときのように並んで食べるシーンも見られ、とてもいいお誕生日会でした。アドベンスタッフの皆さま、毎回斬新なアイデアと準備、進行、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

今のところ、ネットで見られるニュース映像は以下の3つありました。
恐らく、関西ローカル以外では、日テレ系のミヤネ屋で仙台の件やパンダ外交のコーナーで速報レベルで軽く映像紹介されたものと、NHKで夜中に少し流れた程度だと思いますので、紹介します。

NHK:
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111223/k10014869731000.html
YTV:
 http://www.ytv.co.jp/press/kansai/D17397.html
MBS:
 http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE111223171800525222.shtml

いずれもある程度するとリンク切れする可能性がありますので、ご覧になる方はお早めに。
画像掲示板にも1枚UPさせて頂きます。拙ブログでも今日明日ぐらいには紹介出来るよう頑張ります。

通院日でなければ、今日も引き続きアドベンにいられたのですが...。残られた大勢の方々、今日のレポも楽しみにしています。
 

とうちゃんさん

 投稿者:KYOKO  投稿日:2011年12月15日(木)02時06分8秒
返信・引用
  ありがとうございます。
世界を股にかけているとうちゃんさん、頼りにしてます。(^^ゞ
そうですか、圓子は雄浜の子ではなかったのですね。

中国国外に貸し出されるパンダの年齢も様々なのですね。
途中で名前が変わったり、父母違いの仔がいっぱいいて、頭の中がこんがらがってしまいます……???がいっぱいです。

とうちゃんさんにとって、歓歓は遠くにいる親戚の子みたいなものですね。(^ε^)

「海を渡る」と書きましたが、中国→フランスは陸続きだから海は渡らないっか…?(笑)
 

フランスの件

 投稿者:とうちゃん  投稿日:2011年12月13日(火)23時50分2秒
返信・引用 編集済
  >KYOKOさん
本当はソースURL付きでお伝えしたかったのですが、今のところはっきりと家系を紹介しているところはなさそうです。ですので、以前成都スタッフに伺った、"圓子は雄浜の子ではない"、つまり"圓子と歓歓は血縁関係はない"という(ひとことのみで申し訳ありませんが)ことをお伝えします。余談ですが、歓歓は初めて抱っこ写真を体験したパンダなので、とても愛着があります。

そのうち家系も公表されると思いますが、出てくるとしたら公式HPではないでしょうか(思いきりフランス語ですが)。
http://pandas.zoobeauval.com/

 

梅梅の孫、海を渡る!

 投稿者:KYOKO  投稿日:2011年12月13日(火)02時15分41秒
返信・引用
  連投申し訳ありません。

12月4日中国からスコットランドのエジンバラ動物園に、
2003年生まれ8歳の甜甜(Tian Tian)♀と陽光(Yang Guang)のパンダのペアが貸し出されました。

そして2012年1月にはフランスのボーバル動物園にもペアが貸し出されることが決まったそうです。
メディアによると2008年北京オリンピックの年に生まれた歓歓(Huan Huan)♀と圓子(Yuan Zi)♂とのことです。

歓歓は↓のコメントに登場した五一くんの妹で、北京オリンピックに因んで名付けられました。
梅梅の孫です!

そして圓子の母親は圓圓ですが、父親は雄浜かも?とも言われていましたが、梅梅の孫とペアリングされるということは…違うのでしょうか?
(ご存知の方、情報を下さ~い。)

何だかフランスが近くに感じられます。


そして今年も、恒例となったこの番組が放送されます。
12月21日(水) NHK総合19:30~20:45
「こんにちは!動物の赤ちゃん2011」
 http://cgi.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=11w620111221
(まだ番組HPは立ち上がっていないようです)
今年は震災もあり、大変な動物園もあった事でしょう…。
そんな様子もしっかりと見届けたいと思います。
 

レンタル掲示板
/47