teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/33 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第14章・ザ!徹マン!DASH!

 投稿者:風上和稀メール  投稿日:2002年 3月 6日(水)17時13分23秒
  通報
  紙相撲の余韻が冷めやらぬまま、次は麻雀をする事になった。
今いるのは5人なので、東風戦を5回で
それぞれ誰か1人が抜けるという設定で遊ぶ事にした。
くじの結果、最初はあるかりさんが観戦。

するとあるかりさん、きゃべつさんに依頼されて、何やら紙にそれぞれの名前を書き出す。
そして、これをネームプレートにして、台の下に貼りつけろと言う。

こうして、なんかオフ杯争奪・割れ目でポンが始まった。
優勝賞金は100万ゲベである。


で、1回戦を行ったのだが、私の1人勝ちになってしまう。
いきなり全員やる気をなくしてしまったようで。
そして、2回戦、3回戦を終わった所で、オフ会が始まってから
よく眠れていないせいか、いちごスパさん、ダウン。
こうして、われポンは、勝者無しという形で幕を閉じた。
そして、そのまま全員ダウン。ぐったり。


その中で、何故か私とあるかりさんは元気な状態であった。
(あるかりさんは3日からオフに参加なので睡眠状態は良好。
私は、いちごスパさんの研究室でぐっすり眠っていたので、かろうじて睡眠状態は普通)

あるかりさんと私の2人は、とりあえず、麻雀牌を片付ける事にした。
で、ちゃんと順番通りに牌を並べようとしたのだが
何故かあるかりさん、七萬と八萬の位置を入れ替えて悦にひたっていたり
1組だけ、白と中の位置を入れ替えて、「いや、これは違うな」と
首をかしげていたり、それを見て、徹夜状態で変にテンションの高い私は
「とても、ものすごくあるかりさんらしいな」と失笑が止まらなかったり
みんなの見ていない(寝ている)所で2人はアホな事をやっていた。

で、最終結論として、索子の1と、発の牌はなんとなく似ているので
全部入れ替えておこうという事になった。
尚、この状態は、いちごスパさんホームページのオフレポ
写真12に写っているので、興味のある方は見てもらいたい。


その後、途中で起きてきたきゃべつさんと一緒に、あるかりさんが持ってきたビデオ
「クイズ$ミリオネアの1000万獲得場面集1・2」を見て、全員ぐったり。
あるかりさんは元気だったので、買ってきた少女漫画を読んでたらしいです。

http://第15章へ続きます

 
 
》記事一覧表示

新着順:9/33 《前のページ | 次のページ》
/33